陽だまり工房でのレッスン 11&…^^; - シルバーアクセサリー *Tresor*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽だまり工房でのレッスン 11&…^^;

とうとう… ブラスワークに挑戦ヽ(*´∀`)ノです~ これは、資格取得のためのカリキュラムになかったので、 私は今回が初☆体験なのですよ。 色々迷ったのですが、リングを作る事にしました。 さまざまな太さの真鍮線をニッパーでカット! これが、思ったよりも力がいる仕事で…(||・艸・)アチャー・・・手が痛くなりました…。 クレイでトップにボリュームのある甲丸リングを作って、 乾燥させないうちに真鍮パーツを埋め込みます♪ そして、真鍮を覆い隠すようにペーストを盛り…焼成っ火 さあ、今度は真鍮が見えてくるまでゴリゴリガリガリ… あっ! 外れちゃった~~~~~((((((ノ゚Д゚)ノあぁ!!! お家で油性ペーストで接着して、再度焼成する事になりましたとさ。 (650度で30分焼成するんだって…レッスン時間がもったいないからね…) と、今回はここまでデシタ。 陽だまり工房でのレッスン、半年以上が経過しましたが… ちょっと考えることもチラホラと…ダウン 自分自身でテーマを決めてどんどん技術を習得するクラスの為、 プラス面もあるのですが、マイナス面もやっぱり存在していて、 私にとっては今はマイナスの方がちょっと多め…かな??と感じているのです。 私は子育てをしているわけでもなく、フルタイムで仕事をしているわけではないのですが、 でも時間とお金がたくさんあるわけじゃないので…汗 自分がちゃんと目的意識をもっていれば、 周りの事なんてドーデモいいかも知れないと思ってましたが、 でもなぁ~。。。むむむぅ~...ρ(・ω`・、) イヂイヂ …あ、イケナイ、ちょっと愚痴っちゃいました★
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

>Mihoさん
 ええっ!3回も…
 Mihoさんが3回なら私は、私は…どうなるんでしょう~((((((ノ゚Д゚)ノあぁ
 考えたくない事柄ですぅ。
 
 

2007-11-13 11:17 | from mika* | Edit

mika*さん、刻さんお得意のブラスワークされたんですね~~
なんだか話しを聞いてるだけで難しそう~~^^;
高いお金を支払ってるんだから、大事なところは抜かさないで欲しいよね。
できるだけ事細かに教わるために、お金を支払ってるんだし~~
刻さん、ブラスワークの専属講師、いかがですか~~???(^^♪

2007-11-13 17:07 | from yuka.p | Edit

>moobuさん
 以前はカリキュラムに入っていたのですね!
 これ、入っていたら挫折しそう…ニッパーで切る段階で
 既に嫌になってるし…自分^^;
 研究科…クラスにもよるのかも知れないのですが、
 慣れてくるにつれてカルチャーセンターチックになってきていて…
 モーレツにお菓子を配り歩く人、
 意欲がわかない~と椅子に座っているだけの人、
 無駄話ばっかりして粘土をこねくり回してるだけの人…などなど。
 別にそれが問題なのではなくて、
 そういう雰囲気だと先生の「教える」パワーも半減するらしくて、
 なんだか全体的にだらーーーーーーんとヾ(°∇°o)ノ
 むぅ~~。
 

2007-11-13 11:24 | from mika* | Edit

>はうちぃ。さん
 そうなのですよ~私も初体験でございます♪
 カリキュラムには入っていないので体験していない人が
 多いですよね??
 ア●パンマンを作ったのですか!?
 うーん、一度見てみたいわぁ~どんな風になっているんだろう… 

2007-11-13 11:28 | from mika* | Edit

えええ~、これってカリキュラム対象外だったのですね~。他の課題と同じく丁寧に教えていただいてたので、てっきり課題なのだと思ってましたよ~^^;
隙間が出来たり飛び出てきたり、結構大変なんですよね。。。
3回焼き直し&削りだししましたσ(⌒▽⌒;)
むりやり(!)両親の携帯ストラップにしまひた~( ̄+ー ̄)

2007-11-12 19:31 | from Miho | Edit

今はインストコースにブラスワーク入ってないんですね。
わしらの頃はペンダントトップで、平面にブラスを入れるものだったんだけど
やすりがけでヒーヒー言いました。
「もうこんなもん2度と作らんっ」って心に誓いました。(笑)
曲面のブラスワークって難しそう。
ブラスのポチポチが可愛いです~。
出来上がりたのしみですね。(^^)
わしも大阪支社の研究科に結構長いこと居たのですが
何しに来てるか解らんような人も居ました。(^_^;)
カルチャークラブに来てるような感覚だったのだと思うけど
ず~~~~っと喋って、お菓子食べて、適当なもの作ってるだけどいう・・。
もー、あんまり作業の邪魔だからクラス替えましたよ~。
研究科は新しい技術をいち早く試せるから良かったですね。

2007-11-12 20:38 | from moobu | Edit

この真鍮を入れるのが「ブラスワーク」って言うのですか~。
うちの教室にはなかったので、やったことはあるけど、名前は初めて知りました(^-^;
以前この技法で息子にアン○ンマンを作ってやりました。
大変だけど、面白い仕上がりになって気に入った覚えがあるけれど、
最近全然使ってない技法だなぁ~(^-^;

2007-11-12 23:12 | from はうちぃ。 | Edit

ブラスワークのスペシャリスト、刻でございますぅ(*^_^*)
っていきなり、リングから入られたのですね♪
真鍮線が外れる要因は2つほどあります。
?焼成の際に真鍮線の表面が錆びて隙間が発生し、削り出しの途中で真鍮線と銀とが分離して起こるパターン。
?真鍮のカットを行う道具として、ニッパを選択していることによるパターン。
前者は削り過ぎに注意しなくてはなりませんが、これは隙間を発見した段階でリカバリーが可能です。
問題は後者。。。
ニッパはカットの際に断面を潰しているので、先細りの状態で銀粘土に埋め込む事になり、焼成後でも若干外れやすい状態になります。
あと、焼成後の余分な真鍮をカットする際にニッパを使用しているということはありませんでしょうか?
ニッパはカットする際に、実は引っ張る力が加わります。つまり「毛抜き」と同じ状態なのですね。
その為、折角留まっている真鍮を知らず知らずに抜いている、という現象が発生します。
出来ればカットする際は、ニッパではなく糸鋸を使用することをお勧めします。カットした時に真鍮線を整える為にヤスリ掛けする、と本には出ていますが、糸鋸を使用すれば、ヤスリ掛けの手間は不要になりますので。。。
・・・こっそり私が陽だまりに乱入して、実演しても良いならするのですが。。。

2007-11-13 01:09 | from | Edit

>刻さん
 私?の方だと自分で思ってます…。
 真鍮線は5mmあるかないかの短さで切っていると思うのですが、
 確かに刻さんのご指摘通り、断面がすぼまっています。
 
 真鍮線カットに糸のこを使用する、断面をやすりがけするっていう工程は
 テキストに出ていたのですが、先生はすっとばしてましたね。
 そもそも5mm程度のカットならば、なます必要もないからと
 おっしゃってましたので…。
 でも経験された方が全てをすっとばしてもOKとおっしゃるのなら
 いいのかと…えーーーん(泣)
 丁寧に教えてくれ~~~!!!
 

2007-11-13 11:37 | from mika* | Edit

真鍮線を曲げる必要があるデザインの場合には、なます必要はありますけど、今回の垂直に埋め込む場合は、なましは必要ありません。
この作品なら、私はなまさないで、糸鋸でカットします。
糸鋸自体がやすりながら切断していく代物ですから、丁寧に切断すれば断面のヤスリ掛けは不要です。
「5ミリ程度のカットなら、なましは不要」というのは、5ミリの真鍮線に対して曲げる事は殆どないから、不要といっているに過ぎません。
>でも経験された方が全てをすっとばしてもOKとおっしゃるのならいいのかと…
それは教え方が間違っています。なます作業、断面のヤスリ掛けはデザインによって要不要かが初めて判るのであって、無闇に省略すべきではありません。
私なら、断面図の拡大図をExcelで作って、理論的に説明しますよ☆⌒(*^∇゜)v !

2007-11-13 20:54 | from | Edit

>yuka.pさん
 ほんと、刻さんに専属講師で来ていただきたいっ!
 お教室はね、↑のmoobuさんの所にもコメしたんだけど、
 雰囲気がだらんとしてると、先生の士気も下がるみたいで…
 あたりまえだよね、教わる側の姿勢がそうだと、
 先生だってやる気なくなるものね。。。
 
 

2007-11-14 11:21 | from mika* | Edit

>刻さん
 >「5ミリ程度のカットなら、なましは不要」というのは、5ミリの真鍮線に対し   て曲げる事は殆どないから、不要といっているに過ぎません。
そうですね、確かに必要ないですよね、曲げるわけではないので…
断面のヤスリがけは、説明されず、「ニッパーで切る」としか言われないので、「やすりがけは…」と突っ込むわけにもいかず、自主的にやっては
みたものの、もともとニッパーで切っているわけですからねぇ。。。
今回はリングをチョイスしてちょっと工程が違うかもしれないのですが、
教わりたいのは「ブラスワークの基礎」なのですから…
リングの工程だけを追うだけではなくて、「そもそも」が聞きたかったです。
私もばんばん質問すれば良かったのかも知れません。反省です~

2007-11-14 11:26 | from mika* | Edit

なんか勉強会みたいな機会があれば参上するのですが。。。
私が陽だまり工房にしゃしゃり出て、講師をするのはアートクレイ倶楽部としても立場上ややこしくなるかも。。。
私の通っている教室に教えに来てくださっている陽だまり工房の3人の先生を突っついて頂ければ、もしかしたらチャンスがあるかもしれません。
ちなみ本名出してしまうと、結城先生、石橋先生、成瀬先生です。
「先生が恵比寿で教えている彫金の生徒さんでブラスワークを得意にしている人、陽だまりに呼べませんかねぇ?」
とかいったノリが通用すれば、あるいは。。。(^_^;)

2007-11-14 20:53 | from | Edit

>刻さん
 勉強会!そういうのがあったらいいのに…。
 陽だまりの先生お三方とは違った先生に習ってまして、
 まだお目にかかったこともないんですよぉ。
 いずれかの先生の時間で私が入っていれば、きっと乱入しても
 平気な気がしますが^^;
 うーん、bilogの皆さんが得意なモノを持ち寄ったら…
 ものすごく楽しくて、実践的な技法をたくさん学べるのにな~。

2007-11-16 15:42 | from mika* | Edit

ちゃんと教えてくれなくなったのは、新しいカリキュラムになってからなのかなぁ・・・?
その昔旧カリキュラムの時は、刻さんがおっしゃってる様なこと、アートクレイでも教えてくれたのに・・・。象嵌技法はカリキュラムに入ってたしね。
わたしの師匠(RIEセンセ)はちゃんと教えてくれましたよ。で、私もそれしか知らないから、ちゃんと伝えてますけど・・・糸鋸は全員もっていないから、ニッパーだけど、ヤスリがけはしなさいとか・・・なますのは必須事項だったし・・・
先生によるのかなぁ・・・残念だねぇ。
やっぱり13作品じゃ少ないのかもね。昔の23作品でもやってないことたくさんあったもん。

2007-11-16 17:18 | from non | Edit

>nonさん
 多分、普通にレッスンに通ってテキストにあるものを全部
 1年以上かけて作られている場合は教えてもらっていると思います。
 私の場合、審査に必要なカリキュラムのみ3か月で制作しているので
 やっていない事が多いのです。
 それもあって研究科というフリーテーマレッスンに通っているのですが、
 どうも…先生の得意分野ではない場合は結構説明が雑なカンジです。
 失敗しても「じゃ、こうすればリカバリーできるから」という感じで…
 失敗してからのリカバリーよりも、「なぜ?」「どうして」を先に知りたいので、
 ちょっと違うかなぁ~???と。
 だって、将来、誰かに教える時に説明が出来なかったら困りますもん。

2007-11-16 17:54 | from mika* | Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。