陽だまり工房でのレッスン 1 - シルバーアクセサリー *Tresor*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽だまり工房でのレッスン 1

陽だまり工房へ行ってきました。 今日は「研究科」の初日で、ワンポイントレッスンを除けば 資格を取得後、初めてのレッスンでしたひよこ(イエロー) 何を作ろうか…と考えていたのですが、 やってみたい事がたくさんありすぎて…決められない… という情けない状況に陥ってしまったので、今日はお家で作ったコルク粘土を持っていく事に。 で、陽だまり工房で書籍を見たり、他の人がどんなものを作っているのかをまずは見てみようと 思ったのです。 まず、人が多くて賑やかなのに びっくり&圧倒… されちゃいました汗 私が通っていた資格3か月取得コースって、私ともう一人しかいなかったから(!!) 静かで… 静かで…… 前回の環境とはまったく違った雰囲気の中での作業でした音符(ピンク) 今回、コルクにクレイを付けるパターンを2パターンの方法でやってみました。 一つはペーストタイプを盛りつけていく方法 もう一つはコルクをクレイでくるむ方法 ペーストタイプだと厚みにムラができやすいし、形も後で形成し直さなければならない事が判明しずく クレイで包んだ方が厚みもほぼ均一で、しかもペーストタイプのものよりも軽くなりましたキラキラ(イエロー) ああ~…ペーストはとても時間と手間がかかったんだけど…大した成果が出なかったなぁ と思いましたが、何事も経験ですものね晴れ
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

あ~、シリンジはハズレでしたか~^^;何が出来上がるのかな~。今から楽しみです♪

2007-04-12 22:12 | from Miho | Edit

お疲れ様です~
陽だまり工房さんには、
研究科なるものがあるのですか・・羨ましい。。
私のほうは、先日資格取得できましたので次は、
オーバーレイに進みま~す(*^^)v
今回のコルクの作品、参考になりますう!
どっちの方法で制作しようか、私も悩んでました。
伸ばした粘土で包む方に決定~!!
ありがとね

2007-04-13 08:51 | from mari3mama | Edit

陽だまり工房さんには行ったことがないんですが、
アートクレイを始める時に、今のお教室か陽だまり工房かで、
悩んでいました。
どちらも家から近いのでどうしよう?と。
でも今のお教室は歩いて行けるので、健康のためにもそちらへ。
先生もやさしい方なので安心しました。
今週は息子の学校の事情で行けないのですが、
私も来週はコルク粘土なので、見入ってしまいました。
いろいろやり方があって大変なんだなぁ~と実感。
資格まで行けるかなぁ~ (T_T)

2007-04-13 10:53 | from shion | Edit

Miho さん♪
そうなんです、今回は粘土をくるむタイプの中空に挑戦です^^
ペーストで盛り付けた方はちょっと凹凸が出てしまったので
修正が必要みたい…(泣)

2007-04-13 19:06 | from mika* | Edit

mari3mama さん♪
オーバーレイに進まれるのですね?すごーい!
頑張ってくださいね^^
研究科は、皆さん自由に作品作りをしている場で、先生が
相談に乗ってくれる…(←技術的なことをサポートしてくれる)所なのです。
次回は私も作りたい物を決めて先生に相談しなくちゃ!

2007-04-13 19:10 | from mika* | Edit

shion さん♪
そうですか…陽だまりとお近くの教室とで迷われたのですね?
私の場合は、「とにかく集中して基礎をやらないと…」と。
仕事を辞めて時間があいているうちに集中したかったんです^^
それで、陽だまりの「3か月スパルタレッスン」を受講したんですよ・:*: (*゜▽ ゜*)
次はコルク粘土なのですね!どんどん作品の幅も広がって
くるので益々楽しくなりますよ~★

2007-04-13 19:14 | from mika* | Edit

わたしはペーストでやっているんですけど、
修正はかなり大変だし、厚みが読めないので、
焼いたら溶けちゃった、ということもあるんです。
ペーストが余っているのでこれからも
ガンバルゾー(必死w)。

2007-04-13 21:55 | from みれい | Edit

先日は私のブログに訪問有難うございました。
陽だまり工房に行かれているのですね。よく材料を購入しに、私も出向きますよ。
また、全国セミナーが陽だまりで行われる時、よく利用しています♪
実は陽だまりの常任講師の方が私の彫金の先生なんです。
私の通う彫金教室に、陽だまりの講師の方が3人ほど出張して教えに来て下さっています。
コルクにペースト・・・私もやりました。「さざなみのペンダント」や「スティックブローチ」が載っている方のテキストの中に「花柄のペンダント」というマスキング作品がありますが、あれはコルク粘土にひたすらペーストを塗って制作する課題です。
通常の粘土作品よりも、乾燥時の研磨はあまり出来なくて(薄くなるから)、焼成時に表面が陥没したことがあります。
「修復→焼成→修復」の繰り返しで、鏡面仕上げの作品に仕上げるまで、七度も最焼成した経験があります。
ただ、丁寧に作ると肌理細やかさは、通常の粘土作品よりもペースト作品の方が美しいです。そこまでいくのが相当大変ですが(^_^;)

2007-04-14 02:45 | from | Edit

みれいさん♪
みれいさんもペーストで盛り盛り…してるんですね^^
今、私も修正して焼成し直そうとしているところですよぉ。
上手く出来るかドキドキです…

2007-04-14 23:12 | from mika* | Edit

刻さん♪
ご訪問、ありがとうございます!嬉しいです。
陽だまりの常任講師の方が先生だとは…なんだか贅沢でうらやましいです^^
コルクに…は実は最初思いついたのは「くるむ」方だったのですが、テキストを見ていた時に「花柄のペンダント」を見て、「ああ、そうかぁ…こんなやり方もあるんだ」と思って挑戦してみたのです!
やはり、厚みがよくわからなくて修正しているうちに薄くなってしまったりしてちょっと手間がかかっている状態なのですが。。。。
成功させたいです!また経過をUPしたいと思いますので
見に来てアドバイス等をいただけたら嬉しいです♪

2007-04-14 23:17 | from mika* | Edit

花柄のペンダント・・・私のブログに画像を載せています。
この作品、制作している人はいるでしょうが、ネット上で公開しているのは多分、私くらいかと思います。
もし宜しければ御覧になって下さい。
コルク粘土にペーストで塗る、という制作方法も特徴的ですが、焼成後の作品に油性マジックで絵柄を描き、いぶした後でマジック部分を落とすという作業も面白い、と思います。
マスキングには一番お手軽な油性マジックの他、マニキュアとか、セロテープ(マスキングテープも可)といいた素材による方法もあります。
併せてチャレンジなさって下さい(^_^)v

2007-04-15 14:20 | from | Edit

刻さん♪
そうですね、花柄のペンダントを公開している人を見たことないですねぇ…さっそく拝見させていただきますね!

2007-04-16 18:44 | from mika* | Edit

トラックバック

http://tresor0430.blog39.fc2.com/tb.php/156-97d68a0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。