陽だまり工房でのレッスン 5 - シルバーアクセサリー *Tresor*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陽だまり工房でのレッスン 5

早いもので全6回のレッスンも終盤にさしかかってます。 そして、私のキャンドルホルダー制作も少しずつ焼成に向かってます。 …って、 だめじゃん!おわらないじゃんっ!!! というわけで、きっと次のシーズンも継続することになるでしょう初心者マーク 今回は蝶々の形に彫りこむ作業に没頭しました。 キャンドルの灯りがもれて、蝶の形になるのを期待してますキラキラ(イエロー) さらにこれから装飾を施す予定です! どうせならぐっとラブリーに恋姫チックフラワーにしたい~(人´∀`).☆.。.:*・° そして…今回はもう一つこのホルダーとは関係なく 試してみたいものがあったのでそれを陽だまり工房に持ち込みました。 ガラスなんですが…。 先月、yuka.pさんと浅草橋へ行った際に、とんぼ玉用(?)のガラス棒とミルフィオリを購入 したので、それを使ってみたかったんです。 で、先生にレクチャーしてもらって電気炉でフュージング…したのですが。 失敗…だと思われる… モノができあがり、 私の心は 不完全燃焼…モヤモヤです。 だって、だってこれよ!?イメージと全然違うんだもん。 「きっと色が薄いから、うまく模様が出ないのではないか」と言われたのですが なーんか違う気がする… (溶け出してから焼成している時間が長いから模様がどんどん溶け出しちゃうんじゃないのかなぁ) で…でも、そんなコトガラス素人の私が…言えるはずがありませんよね^^; フュージングのコツはちゃんと教えてもらえたので♪ラッキー★ と、思いつつも不完全燃焼…モヤモヤです。(←しつこい!?) で、どうしても諦めきれない私。再度お家へ戻って自宅でやってみました。 今度は自分で覗き穴で溶け具合をチェック!! ここだっと思うところでスイッチOFF!!! これ、これよぉ~。私のイメージしてたのはっv(≧∇≦)v イェェ~イ♪ 納得がいくまで粘ることも大切だなぁ~としみじみ思ったのでした。
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

ガラス、うまくいってよかったですね。
アートクレイの先生方は、プチでなんでもやっちゃうけど、
やっぱりプチは小さいし、酸素の量とかも調整できないから、
ガラスはうまくいってラッキー、失敗して当たり前と思ってやらないとダメみたいです。
ミルフィオリとガラス棒の膨張係数が合ってないと後でパチっと割れてしまうし、透明のガラスは黄変してしまうし、暖色系のガラスは酸素がいっぱいないときれいな色にならないし・・・・
運が試される~(^-^)
私も何回焼いても不完全燃焼~って感じですよ。
ひとつコツとしては、扉を開けっ放しで昇温させると良いみたいですよ。800℃くらいに上げるのに1時間以上かかるけど、色もきれいに出ます。白磁の転写紙もしかりです。

2007-06-15 19:32 | from non | Edit

☆nonさん☆
なるほど…知らなかったとは言え、私は結構無謀な試みを
しようとしていたのですね^^;あはは・・・・
フュージングはカリキュラムの時に一度だけやったのですが、
今回、先生はそれとは違った「実践に即した」やり方で
教えてくれました。すごく勉強になりましたよ♪
このパーツ、何に使おうかしら?

2007-06-16 18:01 | from mika* | Edit

mimka*さん、昨日はありがとう(^^♪
とっても楽しかったです(*^。^*)
15日のこちらのブログ、昨日お会いしたときにはまだ見てませんでした。^^;
キャンドルホルダー、蝶々の彫りこみまで~~~
すごいっ!!ヾ(≧∇≦)〃
ガラス、mika*さんが焼成した方が断然いいですよ~~
やっぱり様子をみながら自分の目で確かめながらやっていくのが一番ですね~~
このかわいいガラスちゃんたちが何ができるのかとっても楽しみです(*^。^*)

2007-06-17 09:21 | from yuka.p | Edit

☆yuka.pさん☆
いえいえこちらこそ…とても楽しかったですよ^^♪
またどこかに行きましょうね~。
キャンドルホルダーはさらに進化を遂げる予定なの。
もうこうなったらゴテゴテと飾り立てるつもりっ!
楽しみに見守っていてくださいね。
ガラスは…なかなか難しいモノがあるけどすごく楽しいっ。
今度フュージングする時にはもう少し時間を短くして
ミルフィオリの形をもっとはっきりだそうかな…
また涼しい日を狙って頑張ってみます。

2007-06-18 16:35 | from mika* | Edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。